貴様、見ているな!


by serestial-star
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

疲れるわ

近所付き合いって、なんだかんだで難しい。
どちらかが折れないと、たまに話が進まない。
心の中で、メラメラと怒りの炎を燃やしていても
表面的には笑っていなければならない。

まぁ、そんなもんなんだろう。

が、たまに我慢できないときもあるかもしれない。







お向かいさんよぉ


おのれら、ウザ過ぎるんじゃゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!



ふぅふぅ


ここで終わると、単なるキチガイに思われそうだな…


まぁ、お向かいさんが(゚Д゚)ウゼェェェ のは今に始まったことではないが
今回ばかりは、本気でキレる所だった。


そもそも発端は、某総社が大鳥居を建てるとかなんとかで
寄付集めを各自治体に強要要請してきたことだ。

どうやら、大鳥居の建設費用を、すべて自治体からの寄付で賄おうとしているらしい。
正直、やってることは
どこぞのカルト集団が、財産の寄進を強要するのと大差ない。
大体、今更そんなものを建てたところで何の意味があるというのか。
地域振興なんて銘打ってるが、
振興なんてするはずが無いのは目に見えている。
自己満足で建てたいのが丸見えだが、
建てるなら、その豊潤な資金を使って自費で建てろよ!
こっちは、そんな下らないことに金を払う余裕はねぇんだよ。
こんなやつらが、いうなれば聖職者なんだから
ほんと、世の中やってられない。

で、
うちは、その自治体の実行役員みたいな位置づけにあるもんだから
渋々ながら寄付を回収に行ったわけです。

そして問題のお向かいさん。
回収に向かったところ、諭吉さんを出してきました。
まったく、のん気なものだ、なんて思ってたら

「お釣りないん?」

( ゚Д゚)ポカーン

いや、あんた…アホか?
そもそも、なんでお釣りがあることが前提なんだよ…

いや、無いですね、って言ったら、
「あー、ほんま。ちょっと待っといて」
っつって、家の中へ。
約15秒後、千円札を持って出てきました。
…あんた、9000円のおつりを要求するつもりだったのか。
大体、あるなら最初からそうしろよヴォケ。

で、次に向かおうとすると、

「あんたんとこ、いくら寄付したん?」

ほっとけ、少なくともアンタには関係ない。

で、最後に、本気で殴りかかりそうになった発言

「おたく、今日もお父さんおらへんの?エライ静かやなぁ。」


ああ、いねぇよ!
てめぇらと絡むのが嫌で逃亡したんだよ、このドクサレが!
お陰でこっちは朝から嫌な思いしてるんだよ!分かるか、ああ?

大体、
貴様に「静か」なんて言われたくねぇよ!
うちの親父は物静かで、逆に静か過ぎて困るくらいだ。
どう考えてもうるさくない。
日常的に怒声をあげるあんたらとは違う。
それにしても、
無意識のうちに相手を侮辱していることに気がつかないのだろうか。
…いや、
もしかしたら、恣意的なのかもしれない。
正直、理解に苦しむ。

それに、まさかとは思うが、
自分たちが静かだとでも暗に言いたかったのか?

結構な頻度で、自宅駐車場で宴会やって、
夜中の0時過ぎに、
正直、暴走族よりうるさい騒音を撒き散らしたり

日常的に、某引っ越しババア並みの大声で叫び
さらに
頻繁に帰ってくる、もう挙動からしてどうしようもない息子と
まだ幼稚園児くらいだろうが、既に挙動がおかしい孫が帰ってくると、
デシベルが一気に跳ね上がって、もう騒音以外の何者でもなくなって

近隣から、
軽く公害指定されている貴様らが、静か?

ほんと、寝言は寝てからにしてもらいたい。
というか、一家そろって精神病院に行ってくれ、頼むから。

あー、引っ越してぇぇぇ
[PR]
by serestial-star | 2006-07-30 12:34 | 日常