貴様、見ているな!


by serestial-star
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ふと

思い出した。

小学校のころ、
給食の時間に一度だけ嘉門達夫の歌がかかったことがあった。
どうなったかは言わずもがなであろう。

米と牛乳が飛び散り、
抱腹絶倒、阿鼻叫喚の地獄絵図がそこには広がっていた。
そしてその日、
昼休みに校庭に出て遊ぶ者は居なかったという。


つまるところ、
彼の歌を久しぶりに聴きたくなったって話。
[PR]
by serestial-star | 2006-11-08 16:15 | 日常