貴様、見ているな!


by serestial-star
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 12月 05日 ( 1 )

どうやら、今年の年間ベストセラーは携帯小説のようです。
てか、トップ3が携帯小説か。

まぁあれだ。
一応読んでみたんです。
実物見ないと何とも言えませんからね。
正直、こっ恥ずかしいタイトルにかなり躊躇しましたが。
で、
1ページ読み終わったところでふと思ったんです。


俺はとんでもないモノに手を出してしまったのではないか。

というか、なんだこの暗号文は。

小学生の作文の方が100倍マシじゃねぇか。
個性というモノを差し引いたとしても、小学生の方がよほど日本語の文章になってる。
語彙力がないとか、もうそういう問題じゃない。
完全にイカレてる。そうとしか表現出来ない。
作品に関する感想なんて到底出てきません。
じわじわと精神的に追い詰めてくる謎の暗号文、
脳細胞を破壊する勢いの謎の日本語らしきもの…
まるでサイコスリラー。



もうね、正直なところ1行目でかなり限界を迎えてたんですが、
モニターを殴りたくなる自分を抑えつつ何とかかんとか頑張りましたよ。
まぁ、例えようのない絶望と後悔の念に耐えかねて、1ページ半で力尽きましたがね。
なんて無駄なエネルギーと時間を使ったんだろうか。
正直、こればっかりは読まない方がいい。
自信を持ってそう言える。

因みに、作品内容は至って簡単で、

キチガイ女のキチガイ奮闘記です。
1ページ半読んだだけで分かります。


ただ、この日本語らしき文字の羅列にもいいところが一つだけあります。
これは本当によかった。



それは












アマゾンのレビューが面白い
ことです。
アマゾンのレビューが本文と見て間違いないでしょう。

才能を感じたレビューがいくつかあるので、暇だったら探してみるといいかもしれません。

少しだけ。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-05 01:14 | 日常