貴様、見ているな!


by serestial-star
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

えらいこっちゃ

窓の掃除全然してないぞオイ!

あばばばばばば
[PR]
by serestial-star | 2007-12-31 15:10 | 日常
何故かは分からないが、魚市場に行ってきました。
遠路はるばる香住の魚市場まで。
何故かは分からない。
ただ、ふっと気が向いたと言うだけ…

で、ただひたすらに記憶に残っているのは、
連子鯛が非常に美味そうだったということだけ。
基本的に香住はカニが特産なんだが、
その連子鯛と目が合ってしまった瞬間に、カニなんかどうでも良くなったワケで。
ニュータイプ的なひらめきに似たモノを感じつつ、
この連子鯛の煮付けは間違いなく美味いだろうということをただひたすらに想像して、
口の中が涎の大洪水。
で、ふと我に返るとその連子鯛はなくなっていた。

泣いた。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-29 22:26 | 日常
なんかタイトルだけでゲシュタルト崩壊してしまいましたが。

さて、一体何がマニアなのかと申しますと、
皆様、ミニパトというものはご存じでしょうか。
読んで字の如く、「ミニ」な「パトレイバー」でして、
決して、婦警さんが乗っててどうのこうのという例の車両ではありません。
まぁ、一般的には例の小型車両なんですがね、一般的には。

で、そのミニパトがどうしたかって言うと、
面白いんです。
ただ単に。それだけです。ええ、それだけです。それだけですとも。
劇場版第三弾と一緒にランダムで放映されたモノでして、一応3話構成になっております。
一話は見つかりませんでしたが二話三話(YouTube)
ニコニコ動画には一話も上がってますので、見られる方はそちらで。

これ、一話と二話はパトレイバーの知識があまりなくてもそれなりに理解出来ますが、
三話だけは別です。
劇場版の一作目と二作目、更に後期OVA第八話「火の七日間」を見ていないと
恐らくは本当のおもしろさが分からないでしょう。
因みに、第三話は南雲さんのダジャレが聴ける、貴重な貴重な回となっております。
ハマーン様?いいえ、南雲さんです。

まぁそんな感じで、非常に面白いので是非一度ご覧ください。

ついでに、
分かる人にしか分からないが、気がつくと荒川と松井さんが皆勤賞。
スタッフめ、そんなに彼らが好きなのかw
[PR]
by serestial-star | 2007-12-27 18:11 | 日常
してやりたいところですが、大人の配慮で出来そうにありません。
まぁ、どうだっていいんですがね、そんなものは!という負け惜しみ。

悲しくったって~寂しくったって~
コート~の中では兵器平気なの~

ということで、PSOしてやるさ。
たっぷりとな!
[PR]
by serestial-star | 2007-12-24 21:57 | 日常

そういえば

世間はクリスマスか。
道理でカップルが多いわけだ。
まったく、企業の戦略にまんまと引っかかりおってからに。

ふん、まぁよいわ。
愚民どもがハッスルやらDOしちゃってるその間に、
俺はつい先ほど買ってきたおにぎりせんべいと熱いお茶でまったりしてやるわ!
もうね、全然虚しくない。
虚しくなんか無いぞ!


という感想を一年に一回、計○○回も考えてると、ホントにどうでも良くなってくるモンだ。
思いこみは時として役に立つという好例だな。

そこ、哀れまない。


そして、毎年毎年二回ほど、彼女と間違えて俺にメール送ってくる某N君。
今回もやはり来ましたね。
お前、どう考えてもわざとだろ。
俺のHPは既にマイナスなので、いい加減追い打ちは止めてください。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-23 21:21 | 日常

あぁ

焼き魚がうまい。

煮付けがうまい。

鯛のあら炊きには感動すら憶える。

野菜の煮物もこの上なくうまく感じる。

そういえばあんまり肉食べてない。



嗚呼、老化が止まらない。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-21 21:47 | 日常

( ;∀;)

つまり涙目。
というのも、つい先日、
F.E.A.R.の拡張版第2弾である「Perseus Mandate」の日本語化MODが公開されました。
これでようやく話が分かるわ、ってことで買ってきて隙を見つけてはやってるわけです。
a0066144_16514069.jpg

今回も非常にスリリングな銃撃戦が展開されます。
ここらへんは流石といった感じ。
デカいロボが壁ぶち破って出てきたときは、ほんともう軽い絶望を憶えましたが。

で、今回もこのゲーム最大の特徴である演出が凄かった。
正に恐怖。
至る所で心霊現象が起こります。
そして、涙目になりながら後ろを振り返る自分が居るわけです。


そして、振り返れば奴がいる。
a0066144_1745049.jpg

ヤー、ヤー、ヤァァァァァァァァァァァァァァァァァァァヽ(;Д;)ノ
うーん、コレはちょっと分からんだろうなぁ。
暗い上にタイミングミスって上手いこと撮れてないけど、
コレはホントにビビッタ。
志村ー、後ろ後ろ!ってレベルじゃねぇぞ!
心臓止まるかと思ったわボケ。

そんな感じで、今夜もトイレに行くのに一苦労です。



a0066144_17143755.jpg

それにしても、このXPS欲しいなぁ。
高いんだよなぁ…
[PR]
by serestial-star | 2007-12-18 17:16 | game

バリスヒルトン量産計画

多分そういう方向の本
なんかもう、来るところまで来たというか。
世間は自虐の時代にでも入ったのだろうか。

とりあえず腹が痛い。笑いすぎて。



ところで、世間の女性ってこんなのにホントに踊らされてるのか?
コレ見て嬉しそうにセレビッチセレビッチ言ってるんだったら…
手に負えんな。


さて、出番ですよ田嶋先生。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-17 21:53 | 日常

騒音公害

何となく眠いのに、何となく眠れなかったので、
布団に潜り込んで音楽聴いたわけです。
チャゲアスのゆったりした曲を聴いたら眠れるに違いないと踏んだわけですね。
そもそもそれが間違いだったわけですが。

とりあえずランダム再生。
「鏡が映した二人でも」に始まり、「終章」に流れます。
あー、いい感じに寝られるかもしれない…

って思ってたら、次にかかったのが「Something There」。
思わず口ずさみます。
徐々に体が動き出し、声量が上がっていきます。
マズイ、これはマズイ。
で、何とか乗り切ったと思ったら、次にかかったのが「黄昏を待たずに」(時代を感じるなぁw)。
あー、もうダメかもしれん。
布団をはねのけ、転がったままノリノリで歌い出す。
うっすら汗もかいてきました。
続きまして「The Time」(調子悪いときのライブ映像しかなかったのでリンク無し)。
起き上がって正座した状態で上半身動かしまくり。
イヤホンで聴いてるので、外界との音の相対的な差が分かりづらい。
というか、そんな考えすらもう既に頭にありません。
結構大きな声で歌ってたかもしれない。
ノリにノったところで、
トドメとばかりに「君は何も知らないまま」(最高の曲なんだが、映像が全く見あたらない。無念)に突入。
薄明かりの中、立ち上がって本気で歌い出すアヤシイ男。
もう止まりません。
曲も終盤にさしかかり、完全に違う世界にトリップしたそのとき、ドアが開きました。

親「うるさいわ!」

一気に現実世界に引き戻され、軽く赤面しながら陳謝するアホが一人。

俺は一体何をやっているのか。

で、やっぱり眠れなくなりましたとさ。
今もチャゲアス聴きながら小さな声で歌っております。
絞りに絞ったのにチャゲアスのお気に入りプレイリストが105曲。
合計9時間。

果たして寝ることが出来るのか。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-13 01:08 | 日常

やずや、やずや

今日の相棒は大滝秀治が出てましたね。
秀次大好きな俺にして見りゃ、もうタマラナイ。
なんと甘美な一時であったことか。

今夜はぐっすり眠れそうである。
[PR]
by serestial-star | 2007-12-12 22:15 | 日常